前へ
次へ

希少な切手の売り時を見極める方法

切手の収集は世界中で広く普及している趣味の一つです。日本でも国内外を問わず希少な切手が高額で売買されています。切手の中でも発行枚数が少ない記念切手は希少性が高く、査定額も高値安定の傾向がありますが、その一方で切手は古銭や骨董品と異なり、復刻版の発行によって価値が大きく下落する可能性もあるので売却を検討する際には注意が必要です。また、価値の高い切手も破れや変色、カビなどの要因で劣化すると価値が下がってしまうので、手元にある切手の保管には細心の注意を払うことを心がけます。切手買取は専門の業者に依頼するのが一般的ですが、同じ切手でも切手収集の流行や景気の変動を理由に査定額が大きく変動することがあります。切手の売り時を見極めるには切手をはじめとする古美術品の流行に関する情報を常に確認することが大切です。また、現在は多くの古美術業者がインターネット上で査定額の公表や市場の動向の公開を行っているので、それらの情報を比較する方法もあります。

Page Top